爪で健康状態がわかる!?

健康

皆さん、爪が割れたり血色が悪かったりしていませんか?

爪は身体の排泄口とも言われていてその人の今の健康状態を表している場合があります。

今回はセルフチェックのやり方などを踏まえて「」についてお話ししていこうと思います。

【巻き爪ロボ】

なぜ爪で健康状態がわかるのか

爪の外観や状態から身体が抱える不調がわかる場合があります

貧血や肝臓に問題がある場合は爪が薄くなったり、色が変わったりすることがあります。

糖尿病や心臓病などの病気も爪に変化をもたらすこともあります。

では何故、爪が身体の状態を反映するのでしょうか。

それは爪は身体の一部であり生きた細胞であるためです

爪は血液循環や栄養素の供給を受けることで成長していきます。爪が成長する過程で身体になんらかの影響がある場合、爪にもその影響が現れます。

後ほどわかりやすく解説しますが、一例を出すと爪が青紫色になっている場合、それは酸素不足による循環障害のサインを表しているかもしれません。

爪が白くなっている場合、貧血の可能性があるとされています。爪にできる縦線は、ストレスや加齢の影響で現れることがあります。

爪の色でわかる状態

通常の健康な爪はピンク色をしています。

このピンクを基準として自分自身の爪を確認して見て下さい。

・白っぽい色:貧血や栄養不足のサインとして現れる場合があります。冷え性の方が多いです。

黒っぽい色過食や肥満で血液の循環が停滞している状態です。

・青紫っぽい色:白と同様、栄養不足や貧血、冷え性の場合があります。

黄色っぽい色肝臓が弱っているサイン。黄疸の可能性もあります。

灰色っぽい色長期間続く場合は深刻な病気のサインの可能性があります。

・赤っぽい色:栄養過多のサイン。高血圧や心臓の疾患に注意です。

このように、色だけでも現在のあなたの栄養状態が分かります。

黒や黄色・灰色は特に危険な状態を表している場合が多いのでできれば病院に行って下さい

全身62部位の脱毛が月額1000円(税込み)【Bellefiore】

爪の外観でわかる状態

通常、健康な状態の爪の表面は平らできめ細かく整っています。

爪の先端はやや丸みを帯びていて、爪の下に空洞は無くしっかりと密着しています。

・割れやすい爪:肝臓が弱っている方に多くみられます。

・縦線が入った爪:水分不足胃腸が弱い傾向があります。

・横線が入った爪:過労ストレスの影響が高いです。

・そり返った爪:貧血の可能性が高いです。また栄養不足も影響しています。

爪に良い食品

爪に良い食品と理由をいくつか挙げていきます

ビオチン:ビオチンは爪や髪の健康に必要な栄養素でナッツやエビ、卵などに多く含まれます。

シリカ:爪を強くするためのミネラルで、イワシやアーモンド、大豆などに含まれます。

亜鉛:爪の成長に必要な栄養素で、牡蠣やレバー、牛肉、豆類などに含まれています。

鉄分:爪の健康に必要な栄養素で、ほうれん草やレバー、赤身肉などに含まれてます。

オメガ3脂肪酸:爪や髪の健康に役立つ栄養素で、サーモンやマグロ、アボカドなどに含まれます。

先ほどの、爪の状態からセルフチェックをして足りて無い栄養素を上手に補充して下さい。

食事だけで補充が十分にできない場合は、サプリメントなどで補って下さい。

爪を綺麗にする方法

爪周りは水分と油分が不足しがちです

強い洗剤による洗い物や、熱いお湯によって乾燥して荒れてしまったりと、身体のどこよりも使うものなので一番ケアをしてあげなくてはいけません。

爪を綺麗にするためには、まず定期的にしっかりと適切な長さに切ることが大切です。

その上で、ハンドクリームオイルネイルを塗ってあげましょう。これらを塗る際に爪周りをマッサージすることも有効です。

やり方は簡単で、親指と人差し指で挟むようにマッサージするだけです。

このロクシタンのハンドクリーム私も使っていますが匂いがめちゃくちゃ良いですよ!

爪切りも安すぎるものは爪を痛めたり、怪我の原因ともなりかねないのであまりオススメできません。

最近では爪やすりも1000円以内でかなり良い物が揃っています。

ちなみに下記の爪やすりがおすすめです。軽く5秒ほど擦るだけで爪がキラキラしますよ。

最高品質ジェルネイル【グランジェ】

最後に

今回は、意外と見落としがちな「爪」に関するお話しでした。

生活習慣病などが悪化していくと爪は黒くなってしまいます。最悪の場合指を切断なんて事もあるのでしっかりと自分の爪を定期的にチェックしてあげて下さいね。

手先は一番使う所なので、手の爪は薄くなったと言われています。

なので、爪のケアも習慣的にしてあげることで身体の異変にすぐ気づけ、病気の早期発見などにも繋がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました