ストレスを減らすにはルールを作ればいい!?

健康

皆さん、自分はストレスを感じやすい方だと思いますか?

ストレスは自律神経が関係しています。

同じような出来事でもストレスに敏感な人と鈍感な人で捉え方が違います。

自律神経

自律神経は、心臓や消化器官など意志によらず自律的に動作する器官を支配する神経系のことを指します。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの部分に分かれています

交感神経は、興奮や緊張状態になったときに優位になり、心拍数や血圧を上げ、呼吸を浅く速くするなどの反応を引き起こします。

副交感神経は、リラックス状態や安静時に優位になり、心拍数や血圧を下げ、呼吸をゆっくり深くするなどの反応を引き起こします。

自律神経は、私たちが日常生活で感じるストレスやリラックス・食欲や消化・睡眠などの機能に深く関与しています。そのため、自律神経のバランスが崩れると身体的・精神的な健康に影響を与えることがあります。

自律神経が乱れやすい人の特徴

自律神経が乱れやすい人には、以下のような特徴が見られます。

ストレスに敏感先程お話しした通り、同じ出来事でもストレスを強く感じる人とそうで無い人がいます。当然、ストレスを感じやすい人は、リラックスを感じる副交感神経の働きが弱くなります。

睡眠不足が続く生活リズムが不規則になると、ストレスに対して敏感になります。睡眠は脳を休ませる効果があるため睡眠不足は自律神経を乱す1番の原因です。

運動不足適度な運動は副交感神経を刺激するため、自律神経のバランスを整える効果があります。慢性的な運動不足は自律神経の乱れを起こしやすいです。

食生活が偏っている栄養バランスの偏りによって自律神経のバランスを崩すことがあります。食事のタイミングや量、食べ方に注意が必要です。

緊張しやすい緊張しやすい人は、交感神経が優位になるため自律神経のバランスが崩れやすいです。

消化器官のトラブルが多い自律神経は、消化器官や循環器系などの機能を調整しています。自律神経が乱れると消化器系のトラブルも起こりやすくなるため、便秘や下痢、胃もたれなども起こります。

ジニエシークレットブラ

自律神経を整える食品

自律神経を整えるにはバランスの良い食事を心がける必要があります。

以下に例を挙げていきます。

リラックス効果のあるハーブティー:カモミールやバレリアンなどのハーブティーは、リラックス効果があり副交感神経を刺激します。

JAS認定ブレンドハーブティー【美肌茶】100%オーガニック

オメガ3脂肪酸青魚やナッツ類、亜麻仁油などに含まれるオメガ3脂肪酸は、副交感神経を刺激する効果があります。

ビタミンB群ビタミンB群はストレスにより消耗されることが多く、不足すると自律神経のバランスが崩れやすくなります。ビタミンB群が豊富な食材は、豆類や穀物、ナッツ類、魚介類などがあります。

マグネシウムマグネシウムは神経や筋肉の働きに必要な栄養素です。マグネシウムが豊富な食品はほうれん草やアーモンド、バナナなどがあります。

発酵食品発酵食品には腸内環境を整える効果があり、自律神経のバランスを整える効果も期待されます。代表的な食品は、納豆やキムチ、酢漬けなどがあります。

自律神経が乱れると…

自律神経が乱れることによってストレスを感じやすくなるといったお話しをしてきましたが、自律神経の乱れを放っておくと様々な身体的・精神的な症状が現れます

自律神経失調症や消化器症状、免疫力低下や、精神症状、循環器症状など。

私たちが生活する社会には、ストレスの要因となるモノが数多く存在しており、それらをゼロにすることはできません。

ですが、今までよりもストレスを感じにくくすることは可能です。

ストレスを感じにくくなれば、今までよりも断然生活がしやすくなります。

身体的にも精神的にも、あなた自身が豊かにることで、あなたと関わる人々も必然的にストレスを感じにくくなるはずです。

これには認知バイアスが関係しており、人は自分と似た人や自分と同じような興味・価値観の人と集まります。

もしも、あなたの環境がストレスの原因となっているのなら、、、

自分の価値観や考え方を変えてストレスに強くなることであなたと関わる人間や環境も変わるはずです

非加熱の生はちみつ20%配合シャンプー!【MY HONEY REMEDY】

自己暗示

ストレスを感じやすい場合は、、、

ルーティンのようなものや自分ルールを確立することで改善される可能性があります

突発的なストレスの原因に遭遇した場合に有効です。

例えば、嫌なことや苦手なことをしなくてはいけない場合に、深く深呼吸をすれば改善すると自分で決めて常に癖付けます。物でも同じ効果が期待できます。

ブレスレットやネックレスなどを、不安を感じた際に触ることで気持ちが落ち着くと思い込むこませます。

ストレス解消グッズなども有効ですが常に持ち運べたり、身につけられるモノの方が良いです。

他には頭の中で5秒数えるとか、基本的には何でも良いと思います。

とにかく自分ルールを1つ決めて信じ込んでください。

まとめ

まとめ

・ストレスを感じやすい人と感じにくい人がいる

・ストレスを感じるのは自律神経が関与しているから

・自律神経には交感神経と副交感神経の2つがある

・睡眠不足や栄養の偏りなどで自律神経は乱れやすい

・乱れた自律神経を放置していると身体的・精神的な症状が現れる

・ストレスを感じにくくする方法は自分ルールを作ること

人気急上昇!「ダブルまくら」が購入できるのは公式サイトだけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました