ケトジェニック(食事編)

健康

今回は、私がケトジェニックダイエット中に食べていたや間食・おやつ等を皆さんにシェアしていきたいと思います。

ダイエット中は食べたい物を制限されたり普段あまり自炊をしない方はハードルが高く大変だと思いますが、大事なことはストレスを溜めないことなのでなるべく手間が掛からず簡単なものをご紹介できればと思います。

※後ほどNGなドリンクや食材を挙げていきますがあくまでケトジェニック期間での話です

ケトジェニックダイエット始めてみたけど何食べていいかわからない…。

大丈夫。いくつか紹介して行くね

コンビニ編

実際にケトジェニック中に私が食べていたものをいくつかご紹介します。

・糖質OFFのカップ麺やカップスープ

時間がない昼休憩などはコンビニのカップ麺やカップスープを食べていました。スープなので、空腹感が抑えられるためおすすめです。コンビニによって色々な種類があるため飽きが来ないのも助かります。

・もち麦のミルクボール

こちらはローソンに売っていますが、2個入っていて糖質が2つ食べても13gです。中にクリームが入っていてとにかく美味しいです。なのでダイエット中の甘いものはこれをよく食べていました。

・MCTオイルが摂れる瀬戸内海産しらすの菜飯

どうしてもお米が食べたくなったら、こちらのおにぎりやもち麦いりおにぎりや玄米などを食べていました。なので皆さんもお米が食べたくなった場合は普通のおにぎりではなくなるべく糖質が低いものorGI値が低いものを選んでください。

※GI値とは食後の血糖値が上がりやすいかそうでないかを表します。

個人的にはケトジェニック食品はローソンさんが一番充実している気がします。

ブランパンやホットスナックの中でもフランクフルトなどはよく食べていました。からあげクンも意外と糖質が低いです。

フルーツが食べたくなった場合はベリー類が糖質が低いのでお勧めです。あとはCoCo壱はご飯の代わりにカリフラワー米もあるので苦手じゃない方はお勧めですよ。

あとは、おでんも糖質が低いのでオススメです。

シャトレーゼ(Chateraise)

シャトレーゼは糖質が低いデザートがお手頃な価格で購入できるので、ダイエット中に甘いものがどうしても我慢できない方にオススメです!

またシャトレーゼは糖質カットピザなどもあります。

個人的に普通の食品と同じくらい美味しいです

ドリンク・調味料

意外と気を付けないといけないのが、飲み物・調味料(ドレッシング・お酒を含む)です。

OKなものとNGのものをそれぞれ例を挙げていきたいと思います。

NGなドリンク

  • ビール、発泡酒
  • 梅酒
  • 清涼飲料水(コーラ、カルピス、ファンタ等)
  • スポーツ飲料(ポカリ、アクエリ等)
  • フルーツジュース(100%でも糖質が高いです)
  • 糖質オフ、糖質0の飲料(人工甘味料が含まれてるのでNG)
  • 野菜ジュース

人工甘味料がなぜダメかというと、本来、人は甘みを感じると血糖値が上がります。

ですが人口甘味料はこれが起きません。すると、脳は食事を摂るように指令を出します。

また人口甘味料は体内で消化・吸収がされないため腸の中で停滞してしまいます。野菜ジュースに関してはシンプルに効率が悪いのでオススメしません。

オススメのドリンク

  • お茶(緑茶・麦茶・烏龍茶…なんでもOK)
  • コーヒー(微糖でも缶コーヒー1〜2本ならOK)
  • お水(沢山飲んで下さい)
  • 紅茶(ストレート・レモン)
  • 炭酸水
  • レモンサワー
  • ワイン

焼酎やウイスキーも糖質は低いですがカロリーが高めです。

なのでレモンサワーや赤・白ワインがオススメです。赤ワインは脂肪燃焼効果に加えて食欲を抑える効果があります。白ワインはカリウムが多く含まれているため利尿作用・むくみ改善が図れます。

NGな調味料

  • 砂糖
  • みりん
  • 味噌
  • はちみつ
  • 焼肉のたれ
  • ケチャップ
  • ウスターソース

気になるマヨネーズですが、実は糖質はあんまり無いです。私は普通に使ってました。

胡椒も100gあたり糖質が68gですが、100gも使わないので気にしなくて大丈夫です。

ドレッシング

ドレッシングに関しては正直メーカーによってばらつきがあるため一概には言えませんが、基本的にオニオン系、ゴマ系は避けた方が良いと思います。

調味料にも言えることですが、量を使いすぎない事です。

まとめ

糖質制限ダイエットをしていると糖質に気を使いすぎて何を食べたらいいかわからなくなったり、食べなくていいやとなってしまいがちですが、空腹が続くと次に食べたものの吸収率が良くなり血糖値が上がりやすいので、なるべく何かしら食べて下さい。無理なくゆっくり理想の身体を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました