ダイエットと減量の違いを徹底解説!効果的な方法で理想の体重を実現しましょう!

健康

今回は、リバウンドをしてしまうメカニズムと対策についてお話ししていこうと思います:)

こきん
こきん

この記事でわかる事

・ダイエットと減量は別物?

・ケトジェニックの辞めどき

・辞めるべき理由

・リバウンド対策

チーズ
チーズ

せっかく頑張って痩せたのにまた元に戻ってきた…

どきん
どきん

それはショックだね。

どきん
どきん

リバウンドをしないように、ダイエットと減量の違いから話していくね。

ダイエットと減量

先に結論からお伝えすると、短期間で減量をしてダイエットにシフトチェンジするとリバウンドしにくいです。

3ヶ月間でダイエットを考えている方は、1ヶ月間減量して残り2ヶ月ダイエットをするとリバウンドは防ぎやすいということです。

理由と解説をお伝えしていきますね。

ダイエットを始めて、ある程度成果が出てきたけど、止め時がわからない・急にやめるとリバウンドしそうで気になるという方は、とりあえず減量とダイエットの違いについて、私なりの考えを聞いて頂きたいです。

ダイエットとは

ダイエットは本来、diet(=食べ物)の意味を持ちます。

High calorie diet=高カロリー食という意味になります。減量や運動という意味は無いんですね。

まぁ、あくまで由来がそうであって現在は、食事療法のような意味に転じている事は確かなんですが、日常の食べ物という意味から食事療法という意味に転じた理由を考えてみると、食べ物の質やお手頃さ(手に入りやすい)という点が大きいと思います。

つまり、食べ物が変わった=意味が転じた。

それはさておき、私はダイエット=現状維持と考えています。

例えば、60kgが適正体重の方がいて、その60kgをキープする事こそがダイエットだと考えています。

業界最大級の酵素数を誇る酵素ドリンク「ベルタ酵素」

減量とは

減量とは、読んで字の如く量を減らすという事。

つまり美しく…とか、健康な…といった意味はなく、物理的に質量を減らす事です。

減量=量を減らす

例えば、60kgが適正体重の方が現在70kgで、適正体重の60kgに戻す事こそが減量だと考えています。

少し屁理屈のように感じると思いますが、この2つの考え方がとても重要だと私は思いました!

そして私の考え方だと、これまで紹介してきたケトジェニックは減量です。

チーズ
チーズ

ケトジェニックダイエットて言ってたじゃん

どきん
どきん

それは見逃して…

ケトジェニックダイエットの辞めどき

これまで私が説明してきたケトジェニックは、比較的、短期間で体重を落とすことが出来るため、とりあえず痩せたい方にとっては、とても良い方法だと思います。

ですが、この減量法には2つの辞めどきがあると考えています。

・体重が適正体重になったとき

・3ヶ月間

このどちらかで一旦辞めるべきです。

あくまで、これは日常生活の中で体重が気になる一般的な方に向けての話です。

日常的にボディーメイク(筋トレ)をしている方や、定期的に有酸素運動をしている方にはあまり参考にはならないと思います。

やめるべき理由が筋肉と関係しているからです

1日一食から置き換えてみませんか?

やめるべき理由

上記で話した内容をより具体的にお話しする前に、ケトジェニックの仕組みについて簡単におさらいすると、体を動かすエネルギー源を、炭水化物(糖質・食物繊維)から脂質に変える減量法でしたね。

ブドウ糖>ケトン体

ここがまさに短期間でやめるべき理由なんです。

人間の仕組みは、体内のグリコーゲン(多糖類)が枯渇してくるとエネルギー不足と判断して、まずタンパク質を分解してエネルギーに変換します。

筋肉はタンパク質で構成されているので、筋肉量が減少していきます。

より分かりやすくお伝えすると(数値としての)体重は速く落とせますが、筋肉とお水が体から出ている=体重が落ちているという事。

もちろん摂取した脂質は、一部エネルギー源として使われています。ではそれ以外の脂質は、脂肪に変わります。

長期間この減量をすると、脂肪肝になるリスクや、開始前より筋肉量が減り身体がしんどく感じる可能性があります。

シックスチェンジの購入はコチラ

リバウンド対策

ようやく本題に入ります。長くなってしまい申し訳ありません。

ズバリ、減量で短期的に適正体重に戻してそこからダイエットをするという事です!

私はこの方法でリバウンドを防ぐことができました。

 食事制限も運動の習慣も全くない方で想定してみます。

まず、糖質制限(ケトジェニック)減量を開始(軽い運動含む)
     ⬇︎⬇︎⬇︎
1〜3ヶ月で適正体重に到達
     ⬇︎⬇︎⬇︎
減量からダイエットにシフトチェンジ(運動は継続)
(1日目は3食の内、1食だけ普通の食事に戻す)
理由は、糖を体に馴染ませるためです。3食に戻すと血糖値が急激に上がりやすい...
    ⬇︎⬇︎⬇︎
そこから日常の食事に戻します(diet)
    ⬇︎⬇︎⬇︎
すると開始前より代謝が上がっているため太りにくい

少し分かりにくいかもしれませんが、、、

要は、体重を落としつつ運動をする習慣をつけることで代謝が上がります。

代謝が上がると消費カロリーが増えるため太りにくくなります。

ダイエットまでを計画に入れているので、減量終えて油断して爆食いというパターンをしにくくなります。

運動に関しては、有酸素運動の方が体重を短期間で落とすには向いています。

運動習慣のない方は1日15〜30分のウォーキングから始めてみて下さい。

過度な有酸素運動はカタボリック(筋肉の分解)を起こしてしまうのでそれほどストイックに行う必要はありません。

まとめ

体重を落とす目的はあくまで健康なるため。間違えた方法で不健康になってしまっては元も子もないし、せっかくの努力を無駄にしない為にも正しい知識で楽しく取り組んで頂きたいです。

少しでも皆さんの役に立てれば幸いです。一緒に頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました