この時期に欠かせない日焼け対策

健康

皆さん、日焼け対策されてますでしょうか。

私は最近特に力を入れています。

この時期欠かせない日焼け対策をまとめていきたいと思います。

ということで今回は日焼けのデメリットと日焼け対策をご紹介していきます。

日焼けのデメリット

まずは日焼けのデメリットについてのお話です。

日焼けをすると皮膚は炎症を起こします。炎症を起こしているので痛みや痒みを伴います。

紫外線は肌の弾力を保つタンパク質であるコラーゲンとエラスチンを分解し、皮膚の老化を促進してしまいます。

これにより、たるみやシワ、シミなどが現れます。

また、皮膚がんのリスクも上がる恐れがあります。

特に日焼けを繰り返しを受けるとメラノーマと呼ばれる最も危険な形状の皮膚がんの発生リスクが上がります。

加えて、日焼けによって皮膚の免疫機能が低下し、感染症や皮膚疾患への感受性が増すことがあります。

日焼けによって沢山の紫外線を浴び続けることで皮膚は炎症を起こしてしまい、短期的な痛みや痒みに加えて、長期的にみても老化が早く進みやすく、皮膚がんなどのリスクもあるということです。

ちなみに皮膚以外にもデメリットがあり、眼は紫外線に非常に敏感なので長時間の日焼けによって目の表面や組織が損傷を受けることがあります。

眼病や白内障のリスクも高まる可能性があります。

プラセンティストクッションファンデーション

日焼け対策

オススメの日焼け対策を共有していくね

日焼け止め

まずは日焼け止めですよね。

日焼け止めクリームは紫外線から肌を保護するために非常に重要です。

日焼け止めは外出前に肌に十分に塗り、外出後もこまめに塗り直しましょう。

私は用途に応じてこの2つを使っています。

日焼け止めクリームを選ぶ際は、SPF30以上の広範囲にわたるUVBとUVAの両方の保護を提供するクリームを選びましょう。

UVBやUVAについて詳しく知りたい方はKOSEの公式サイトのリンクを貼っておきます。

UVA対策をしないとうっかり日焼けを引き起こす!?UVBとの違いは | 「KOSE」輝き続けるあなたのために。コーセーの美容情報サイト
肌トラブルを引き起こす紫外線には、「UVA」と「UVB」があることをご存知でしょうか。特にUVAは地上に降り注ぐ紫外線の多くを占めているため、重点的なケアが必要です。UVAとUVBの違いや肌への影響、紫外線対策の方法について詳しくご紹介しま...

適切な服装

私は肌が弱いので夏場でも長袖を着ています。

無理に長袖は着なくてもいいですがなるべく長時間の直射日光は避けましょう。

帽子やサングラスなどもうまく活用して紫外線から肌を守ってくださいね。

ハイブリッド日傘の使用

1本だけでも日傘を持っていると便利ですよ。私は車移動が多いので車に常に1本積んでいます。

どうせ雨が降った時に傘は必要なので日傘にすることで雨以外の日も使えます。

(ちなみに日傘は通常の傘より小さく設計されています。)

ハイブリッド日傘は紫外線を反射する内側の層と、直射日光を避ける外側の層で構成されてい傘を指します。

日陰をうまく活用

紫外線が最も強い時間帯である午前10時から午後16時の間はできる限り直射日光は避けましょう。

ずっと日陰にいることは無理かもしれませんが、長時間の作業は避けて定期的に日陰へ入って水分補給をすることで熱中症予防にもなります。

日焼けのメリット

もちろん日焼けはデメリットだけではありません。

日焼けをすることのメリットもご紹介していきます。

ビタミンDの生成:紫外線は皮膚に触れることでビタミンDの生成を促進することが知られています。

ビタミンDは骨の健康に重要であり、免疫機能や神経機能の維持にも関与しています。

適度な日光浴はビタミンDの合成を助けることができますが、適度な日焼けは健康リスクを引き起こす可能性があるため適度なバランスが必要です。

リラックス効果:太陽光を浴びることで体が温まり気分が明るくなる効果があるとされています。

日光浴やビーチでの時間を過ごすことはリラックスやストレス解消にも役立ちます。

まとめ

今回は日焼け対策についてまとめてみました。過度な日焼けは肌の老化や皮膚がんなどの健康リスクを引き起こす恐れがあります。

日焼けを楽しむ際は適度な時間で適切な予防を講じることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました