ケトジェニックダイエットに適したドリンク

健康

今回は、ケトジェニックダイエット中に飲んでも良いものと、あまり適していない飲み物をまとめてみました。

しっかりと理由も添えていますので、是非最後までお付き合いください。

お水は省きます!飲んでください!

永久無料レンタルウォーターサーバー

オススメのドリンク

コーヒー(ブラック)

コーヒーはかなりダイエットに適しています。

理由としては、コーヒーに含まれているカフェインには新陳代謝を刺激して脂肪燃焼を促す働きがあるとされているからです。

カフェインはノルアドレナリンを増やす作用があるため食欲を抑える効果も期待できます

⚠️最近ではカフェインの大量摂取により筋肉を分解する可能性があると言われています。

ですが、適量のカフェインは覚醒作用があるため私は筋トレをしながら飲んでいます。

ご自身のライフスタイルや考えに合わせていただければと思います。(ケトダイエットには

朝、こちらのコーヒーにMCTオイルを適量入れて飲むのがルーティンです。

個人的に酸味のあるタイプのコーヒーが苦手なんですが、こちらのコーヒーは酸味と苦味のバランスが丁度いいので飲みやすいですよ。

スティックタイプもあるので、朝忙しい方はそちらが便利かもしれません。

・お茶

お茶もダイエットに適しています。

お茶に含まれるカテキンには抗酸化作用が含まれており、脂肪の酸化を促し代謝を刺激すると言われています

お茶にはテアニンという物質が含まれているのでリラックス効果も期待できます。

また、お茶は脂質・糖質ともに含まれていないため純粋な水分補給だけが可能です。

ダイエットだけでなく不眠やイライラなどにも有効なドリンクなんです。

お茶に関しては全くこだわりがないので好みで選んでください、、、

筆者は寝る何時間か前にお茶を飲むようにしています。意識しているのはそのくらいです。

・コーヒー(微糖)

先ほどブラックコーヒーがお勧めと言いましたが、微糖コーヒーも飲んで大丈夫です。

分けた理由はいくつかあるので説明していきますね。

微糖コーヒーには種類によって糖質が少ないものがあります。

ケトジェニックは糖質を制限するダイエット法なので少量の糖しか含まれていない微糖コーヒーは飲みすぎなければ飲んでも平気です。

例えば、缶コーヒーを1日に1本飲んだとしても糖質は3〜5g程度です。

ちなみにケトジェニックダイエット中では糖質を制限しますが、カットはしません。

なので、1日に糖質は少なくても30〜50gは摂取して下さい。

私はBOSSの贅沢微糖が好きなのでまとめ買いしています。(1本あたりの糖質:3.5g)

後ほどご紹介しますが、人工甘味料が苦手な方や健康意識の強い方は缶コーヒーは飲まない方が良いと思います。

私は気にしすぎるのは体に毒だと考えているので普通に美味しく飲んでいます。

・紅茶(ストレートorレモン)

紅茶も同様にカロリーが低いため、ダイエットの邪魔をしないので非常にお勧めです。

お茶やコーヒーが同じような味で飽きてきたと感じている方は紅茶を飲んで気分転換させるのもひとつの手ですよ。

紅茶にはポリフェノールが含まれているので、老化予防や脂肪燃焼作用に加えて殺菌作用・免疫力の向上などが期待できます。

レモンにも脂肪燃焼作用があるためレモンティー(無糖)は非常に有効です

紅茶はマックが一番美味しいのでストレーティーだけを買いに行くこともあります。

・レモンサワー

最後はお酒ですが、レモンサワーがお勧めです。

レモンサワーは焼酎をベースに作られていてプリン体&糖質0なんです

炭酸水は空腹感を抑える効果がありレモンには脂肪燃焼作用があります。

⚠️市販で売られているレモンサワーには種類がたくさんあり、その中には糖質が高いものもあるため注意が必要です。(甘味料を追加している可能性など。)

私が飲んでいるレモンサワーはこちらで、氷とカットレモンを追加して飲んでいたりします。

焼酎はお勧めできません。

理由はシンプルにカロリーが高いからです、、。

お酒が飲みたい方は、ウイスキーや焼酎ではなくそれらをベースに作られたハイボールやサワーを飲んだ方が良いですよ。( ^ω^ )

便利なウォーターサーバーが永久無料!さらに天然水も無料宅配!

オススメできないドリンク

これから例に挙げるドリンクはあくまでケトジェニックダイエット中に飲まない方がいいよという意味なのでご了承ください。

・ジュース

一般的なジュースですが糖がかなり入っている飲み物は基本的にNGです。

100%の果物ジュースも果糖が含まれているので身体には良いかもしれませんが、ケトジェニックダイエット中は避けるのがベターですね。

シェイクなども糖質はかなり高くなるので注意して下さい。

・野菜ジュース

野菜ジュースも同様に糖質が高いのでお勧めできないというのが一つの理由です。

別の記事にも書いたのを覚えていますが、個人的に野菜ジュースはお勧めしていません。

野菜に含まれる栄養素が製造過程でどれほど残っているのかが不明瞭で、シンプルに糖質が高いという理由で私は飲んでいません。

他にも、野菜を固形の状態で摂取するよりも、血糖値が急激に上がりやすいため控えた方が良さそうですね。

・スポーツドリンク

スポーツドリンクですが、こちらも糖が多く含まれているため血糖値が急激に上がりやすい特徴があります。

加えて、塩分も入っているため摂取しすぎてしまうと高血圧へとつながります

人間は塩分を多く摂取すると、体内の塩分濃度を薄めるために大量に水を蓄えようとします。

すると、血圧は上がり腎臓に負担がかかります。(腎臓は体の水分を調節する働きがある臓器です。)

糖が多く含まれるドリンクを飲むと高血糖になりさらに喉が渇いてしまいます。

渇いた喉を潤すために追加で飲んでしまいます。スポーツドリンクには塩分も含まれているので血圧が上がってしまいます。

これの繰り返しになってしまうのでお勧めできません。

・牛乳&豆乳

最後は牛乳と豆乳です。

理由は二つとも別なので1つずつ解説していきますね。

牛乳に関しては、乳糖が多く含まれているためケトジェニックには不向きといえます。

日本人は乳糖不耐症といって乳糖をうまく消化・吸収できない体質の方が多いというのも理由の1つです。

豆乳に関しては、大豆イソフラボンが含まれていて女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造を持っています。

要は、飲みすぎるとホルモンバランスが崩れてしまうおそれがあるということです。

タンパク質目的でもホエイの方が最適で、ソイプロテインは吸収が遅いのでどちらにせよお勧めはしません。

業界最大級の酵素数を誇る酵素ドリンク「ベルタ酵素」

人工甘味料のお話

微糖のコーヒーを説明する際に、人工甘味料について少しだけ触れましたが、こちらでがっつり解説していきたいと思います。

人工甘味料は砂糖よりも甘さが強いですが、血糖値が上がりません。

人工甘味料は体内で消化・吸収されないためカロリーはほとんどありません。

お分かりだろうか…。

通常、糖を摂ると血糖値が上がるので満腹中枢が刺激されて20分程度で満腹感が感じられますが、人工甘味料にはこの一連が起こらないので食欲が増進する恐れがあります。

加えて、体内で消化吸収できないということは体内に蓄積されるということですよね?

これが怖いという方は、あまり人工甘味料を摂取しない方が良いですよってことです。

ですが、どうしても微糖のコーヒーなどを飲みたい方にはこちらがお勧めです。

ラカントは天然甘味料(植物由来)なので、体内で消化吸収がしっかりと行われます。

私もパックのブラックコーヒーに入れたり、低糖質のスイーツを作る際にラカントを使っています。

羅漢果というウリ科の果実から作られており、漢方薬にも使われているので比較的安全だといえます。

ラカントsはコーヒーに入れるだけでなく、スイーツを作る際にも活用できるため重宝しています。

他にも、無糖のヨーグルトにかけてもいいですし、煮込み料理などにも使えます!

まとめ

まとめ

ケトジェニックダイエット中にオススメのドリンク

・ブラックコーヒー

・お茶

・微糖コーヒー

・紅茶

・レモンサワー

オススメできないドリンク

・ジュース 

・野菜ジュース

・スポーツドリンク

・牛乳&豆乳

番外編(オススメの甘味料)

・ラカントs

コメント

タイトルとURLをコピーしました