サプリメント選びのポイント:自分に合った最適な方法とは?

健康

今回は、足りてない栄養を手軽に摂取できる大変便利な「サプリメント」についてのお話です。

皆さんは、自分に足りてない栄養素をしっかりと選んで、サプリを取れていますでしょうか。

種類が多すぎて何を選べば良いか悩んでいる方は、実際に私が飲んでいるサプリをご紹介していくので参考にしていただければと思います。

こきん
こきん

この記事でわかること

・サプリってなに?

・サプリの種類

・サプリは本当に効果あるのか

・私が飲んでいるサプリ

・辞めたサプリ

・メリット、デメリット

初回66%OFF!【ヘアバース】

サプリメントは薬じゃない

こきん
こきん

まずは簡単にサプリメントとは何なのかをお話したいと思います。

サプリメントですが法律的に言えば「食品」なんです。

サプリメントは、健康補助食品や栄養補助食品などとも呼ばれていますが、健康食品の一部のような位置づけだと思って下さい。

すでご存知だと思いますが、サプリメントは薬とは大きく違います

  • サプリ 健康な人に向けて補助する目的で作られている
  • 薬 病気の人に向けて病気を治す目的で作られている

ここが大きく異なる点なのでそれを踏まえた上でサプリメントを選ぶ必要があります。

サプリの種類

 サプリは大まかに3種類に分けることができます。

  • ベースサプリ...身体の基礎をつくるために必要な栄養素の補給(マルチビタミンやアミノ酸など)
  • オプショナルサプリ…身体を整え健康促進を目指す際に利用する(グルコサミンやハーブなど)
  • ヘルスサプリ…美容や健康維持を意識したサポート的存在(ローヤルゼリーや青汁など)
【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】

サプリメントは効果ない!?

サプリメントはしばしば効果がない、無駄などと言われていますが本当にそうでしょうか。

私の考えは少し違うんです。

正しく言えば、効率の悪いものがあるといったところです。

野菜も加熱してしまうと失われる栄養素(水溶性ビタミン等)があります。

野菜やお肉、果物などから摂取した方が効果的な栄養素も存在します。

ただ人によっては、普段自炊をしない人や、好き嫌いがあるなどの理由から、サプリを取った方が効率的な方もいるという事です。

しかし、上記にもご説明したとりサプリは薬とは違います。

持病を治すような効果を謳っているサプリメントはあまりお勧めしません。

例えば、飲むだけで中性脂肪を減らす、目が良くなる、がんを抑制するなど。

食事で十分に摂取できている栄養素もサプリで補う必要がありません。

人間が1日に吸収できる量が決まっているからです。

例を挙げると、

亜鉛は、成人男性で10〜15mg程度、成人女性で8〜10mg程度が推奨されていますが、亜鉛を1日に2g以上摂取すると急性中毒を起こす可能性があります。

【Myprotein】

サプリ紹介

チーズ
チーズ

オススメのサプリ教えて!

こきん
こきん

自分のライフスタイルに合わせて選ぶといいよ!

ここからは、実際に私が飲んでいるサプリと、飲むのをやめたサプリをご紹介していきます。

まず前提として、私は野菜・果物を頻繁に食事で摂取できていません。外食やテイクアウト多めです。食事を摂らない日もあれば1日一食などもあります。

皆さんも普段の食生活を簡単に文章化してみて下さい!

【機能性表示食品】金の菊芋サプリメント

飲んでいるサプリ

ビタミンC

抗酸化作用や抵抗力を高める作用あり

亜鉛

アミノ酸からタンパク質の再合成

ビタミンB

疲労回復や集中力低下の予防

パーフェクト野菜

国産野菜で作られた32種類+乳酸菌、酵母配合

プロテイン

1日に必要なタンパク質を手軽に摂取

やめたサプリ

具体的な商品名は避けたいので、栄養素で説明していきたいと思います。

食物繊維

芋類や豆類を多く摂取しているので私はやめました。

食物繊維が不足していると便秘になりやすいので、当てはまる方は飲んでも良いと思います。

食物繊維は摂りすぎても、便秘になるので注意して下さい。

ウコン

肝臓を強くする働きがあると謳われますが、肝臓が弱い方はウコンによって肝機能障害を起こす恐れあり。       

ビタミンA

脂溶性ビタミンなので食事で摂取する方が効率的。また、体内に蓄積されやすい。

ビタミンAは日常生活で十分に摂取できるかなと思います。

メリット・デメリット

費用対効果

人によって、食生活も体重、身長も代謝も違うので、このサプリが全員に良いということはできません。その逆も然り。

何度も言いますが、薬とは違いあくまで食品です。

痛み止めは30〜40分もすれば痛みが一時的に治り効果をすぐに実感できますが、タンパク質の多く含まれたお肉を食べても、すぐにムキムキにはなりませんよね。

便秘解消のために下剤をかければ、早い方で6〜8時間で効き目を実感できるでしょうが、食物繊維の多い食材を食べてもすぐ解消されるということはありません。

あくまで私が一番重視していることは費用対効果です。

コスパが良いか悪いかという事です!

自分の食生活と照らし合わせたうえで費用対効果を意識して選んで下さい。

最後に、『サプリメントを摂取するタイミング』だけお話して終わりたいと思います。

「朝、すぐに飲むのがベストだ!」、「夜、眠る前に飲まないと意味がないよ」

と、色々な意見があると思いますが、基本的にいつ飲んでもたいした変化はないと思いますよ。

ただし1つ注意して欲しいのは、摂取するタイミングを決めていないと飲んだか忘れる可能性があります。

なので、私は眠る30分〜1時間前に飲むようにしています。

まとめ

・サプリと薬は別物。

・サプリで病気を治そうとしないこと。

・サプリはあくまで足りない栄養素を補う食品。

・自分の食生活と照らし合わせて選ぶ。

・費用対効果に合わせて取捨選択が大切!

コメント

タイトルとURLをコピーしました