【心理学】よく見る夢には意味がある!?

心理学

最近よく夢を見るようになった方や何度も同じような夢を見るようになった方はいませんか。

実はそれ意味があるかもしれません。

ユングとフロイト

フロイトと弟子のユングはどちらも夢に関する理論を提唱しています。

フロイトは、夢を無意識の欲求の表出と捉え、その欲求が社会的に不適切であるために意識から隠されていると考えました。フロイトによれば、夢の内容は本質的には解釈が必要なものであり、患者の無意識の欲求を明らかにするために使用される手掛かりとなると考えました。
ユングは、夢を個人の意識とは別に存在する無意識の世界と関連づけ、自己の探究に役立てることができると考えました。ユングは、夢を個人的な神話とみなし、個人が自己の内面にアクセスするための手段であると主張しました。彼は、夢の解釈には様々な象徴やアーキタイプが含まれることがあり、これらを理解することで、個人の自己探究や成長に役立つと考えました。

簡単にいうと、、、

フロイトは夢を個人的な欲求として理解し、ユングは夢を個人の意識とは異なる深層心理の表現として理解しました

どうして人は夢を見るの?

夢を見る3つの説

1つ目は情報を整理し記憶を固定化するためです

睡眠中に脳は、日中に体験した出来事や情報を再構築し、新たな記憶を形成するために活発に働いています。夢はこのプロセスの一部であり、脳が日中の情報を整理するために必要なものであるとされています。

2つ目は夢は人が抱える感情やストレスを処理するための手段であるという説

日中には意識しきれない感情や不安、ストレスなどが蓄積される事があり、睡眠中の脳はこれらの感情を処理するために夢を作り出すと考えられています。

3つ目は夢は個人の内面や無意識の世界との接触を可能にし自己探究や自己成長に役立つという説。

夢は個人の潜在的な願望や欲求、未解決の問題や課題などを反映することがあるため、自己意識や成長のプロセスにおいて重要な役割を果たしていると考えられています。

夢を忘れるのはどうして?

人が夢を覚えていないのは脳の仕組みが関係しているからです

夢は主に深い眠りの状態にあるときに起こります。この時、脳は一般的に活動を低下させ、大脳新皮質が一部活動を続けるため、夢を見ます。

夢を覚えていないのは、脳が夢を処理する際に記憶を保存する機能があまり働いていないためです。つまり夢が終わった後に、脳がその内容を長期的な記憶に保存するためのプロセスがうまく働かないため、夢をすぐに忘れてしまうんです

自律神経の調整なら【Cure:Re THE MAKURA】におまかせ!

ユングの夢分析

よく見る夢の分析をイラストを添えて解説していきます。

落下する夢

大切なものを失ったり、何かに失敗したりすることに対する不安の現れ。

旅立つ夢

人生の転機を表す。

食べる夢

満たされない願望を表す。

空を飛ぶ夢

現実逃避をしたいという気持ちの現れ。困難に立ち向かおうとしている気持ちを表している場合も。

何かに追われる夢

追いかけられているものが表すのは、性的欲求や社会規範など。何らかの不安があるとされている。

Xserver VPS

夢にまつわる雑学

  • 夢は1日に数回見る:覚えていないだけで約5〜6回見ている場合もあります。
  • 催眠状態と夢は似ている:どちらも現実的ではないことでも当たり前かのように受け入れられます。
  • 夢は体の回復に役立つ:ストレスや不安を軽減し、脳のリフレッシュにつながると言われています。
  • 長時間の睡眠は夢を見にくくする:8時間以上寝ると夢を見る頻度が低下するとされています。
  • 夢は人間以外も見ている:哺乳類や鳥類などの動物も夢を見ている可能性が高いとされています。

まとめ

夢については、まだ完全に解明されてはいませんがこの世に起こることは全て意味があると思うので、皆さんもぜひ夢について考えてみて下さい。また夢日記をつけることで、夢を記憶しやすくなるという説もあるので興味のある方は実践してみて下さい!(人の夢は!!!終わらねぇ!!!)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました