【心理学】口癖でわかる性格

心理学

皆さん口癖ってありますか?

口癖って自分で気づくことは難しいので、自分の口癖に気づいている方はおそらく他人に指摘されたことがあるんだと思います。

えーっと、いや、あのー、、、

これらが代表的な口癖ですが、実は口癖でその人の性格が分かるんです

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

口癖ってなんで生まれる?

口癖はその人が無意識に習慣化した言葉やフレーズです。

話し始める前に「えっーと」と言うことで、頭を整理したり自信を持って話し始めるために無意識に用いています。

口癖は言葉を発する際の習慣や癖が原因で生まれるため、言葉を発する人であれば全員にある癖です。

人間の脳は、同じことを何度も繰り返すことでその行動を習慣化しようとします

口癖には個人差がある

もちろん全く同じ人間は存在しませんので個人差があります。

男性と女性でも差があります。

女性に多いとされている口癖はわたし、ねえ、あのね、

男性に多いとされている口癖はそうだな、まあ、ええとだそうです。

口癖には文化的背景も影響しています。

例えば日本人だとすみませんを使うことが多く、日本の文化を知らない海外の人から見ると、日本人はなぜあんなに謝るんだと思われているのが分かりやすい例です。

口癖はアニメでもある!?

有名どころを少し上げると、名探偵コナンの『真実はいつも1つ』と言うフレーズ。

コナンがこのフレーズを口にすることで、事件の緊張感や、自分自身に対する自信を表現しています。

他に例を挙げると、ワンピースのルフィ『海賊王に俺はなる』やジョジョの奇妙な冒険の空条承太郎『やれやれだぜ』などが挙げられます。

決め台詞だろと思った方もいるかもしれませんが、口癖と決め台詞の境界は明確にはなく、文脈や発言のタイミングによって口癖か決め台詞かの区別が変わります。

どちらも共通しているのは、その人物の個性や印象を強く表現します

GALLEIDO SHOWER MEMBER

口癖でわかる性格

性格や性質の傾向

ありがとう:感謝の気持ちが強く、周りの人に対して思いやりがある人と連想されます。
ごめんなさい:自分に対して厳しく、他人に迷惑をかけることを避ける傾向があります。
いやいや:物事に対して消極的で、新しいことに挑戦することを避けがちな傾向があります。
そうだね:協調性が高く、相手の意見に共感する事が多い傾向があります。
うーん:慎重派で、物事をよく考える人と想像されます。
だから:自己主張をしたい、自分が主導権を握りたいと思っている傾向があります。
別に:不満を抱えやすく根に持つタイプ。
要するに:自分に自信があり、勝ちにこだわる傾向があります。
なるほどですね:あまり話をきていない人が多用する傾向があります。
確かに:話を早く切り上げたい人がよく使う傾向があります。
ここだけの話:目立ちたがり屋で中心にいたいタイプに多い傾向があります。

・えっと:話すのが苦手な人や、人に流されやすい人に多い傾向です。

・忙しい:プライドが高く、非効率的な人に多い傾向。

・すごい:八方美人か、好奇心旺盛のどちらか。

思いつく限り挙げてみました。

一概には言えませんがあくまで傾向ですのでそれらが使われる頻度やシチュエーションにも寄りますので軽く参考にしてみてください。

「プレミオール」ヘアケア3点セット

口癖は指摘したほうがいい?

結論、私は指摘しないほうがいいと思います。

口癖は性格を表すと言いますが、自分の話を整理したり緊張をほぐしたりと、その人にとってコミュニケーションをとる上で重要な役割を担っている場合があるため、その人の為を思っていても指摘することがマイナスに働くことのほうが多いです。

口癖を変えることで自分の印象を大きく変えることもできるため、今の印象を変えたい方は自分の口癖を意識的に変えてみるのもアリですね。

まとめ

口癖とは、その人が日常的によく口にする言葉やフレーズです。口癖は、その人の個性や印象を強く表現する言葉で癖として定着していることが多いです。

口癖の中にはあまり良い印象ではないものもあるため、自分の印象を変えたい方は口癖を変えてみることもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました