【心理学】PTSDと実体験:勇気を持って向き合うためのヒント

心理学
こきん
こきん

皆さん、PTSDって知っていますか?

おそらく聞いたことがある人は多いと思います。

外傷後ストレス障害」というんですが、私はPTSDを実際に経験しました。

その経験を踏まえて、今回は皆さんとお話しできればと思います。

【見放題サービス】CLASS101+

PTSD(外傷後ストレス障害)

PTSDとは不安障害の一種ですが、簡単に説明すると、、、

ひどく衝撃的な出来事を体験した事をきっかけに、その時の体験や記憶を無意識に思い出し、日常生活に支障をきたす症状が現れる

こきん
こきん

これをPTSDと言います。

日本は、震災やサリン事件など様々な理不尽を経験されている方が多いと思います。

その他にも世の中には理不尽が溢れかえっています。(強盗やレイプ、虐待、事故など)

私は医者でもなければ専門家でもないので治療法などは分かりませんが、私も同じ症状に苦しんだ仲間だと思って聞いて頂きたいです。

3つの症状

PTSDには大きく3つの主要な症状がみられます。

再体験症状群

辛い記憶が繰り返しよみがえり、悪夢のように鮮明にフラッシュバックします。

記憶がよみがえる場合には、精神的苦痛や様々な身体症状を伴うのが一般的です。

回避・麻痺症状群

辛い記憶に関連する場所やもの、人などを避けたりなるべく考えないようになったりします。

感情の麻痺があると、見た目には冷静に振る舞っていることがあり顕在化していないことがあります。

覚醒亢進症状群

些細なことでイライラして自暴自棄になったり不眠が続くなどの症状が現れ過剰に警戒したりするようになります。

無料会員登録して相談する

実体験

こきん
こきん

私は19歳で障がい者になりました。

交通事故で右足に大きな後遺症を抱えました。

事故当時の足は踵がパックリと割れてくるぶしは無くなっていました。

それまでの私は、得意では無いですが身体を動かすことが好きでしたが、今では全く出来なくなってしまいました。

半年ほど入院をして6回大きな手術をしました。

輸血もしましたし高熱も出ました。もちろん歩くことなど不可能でした。

半年の入院生活を乗り越え、さらに半年間リハビリをしてやっと歩行が可能になりました。

計1年間のつまずきを乗り越え大学に復学しましたが、私の通っている大学へは車通学でないと現実的に通えなかったので車通学をすることになりましたが、手汗&冷や汗が止まらないんですよ。

とにかく夜は眠れないし、吐き気や頭痛も止まらない。

人混みや雑音が気になりすぎて倒れそうにもなりました。

夜は、足ムズムズ症候群にもなりました。←嘘みたいだけどこれ本当にあります。笑

乗り越えた方法

私が乗り越えれた方法は2つあります。足は治っていませんが、マインドは5年ほどで治せました。

1つ目は現状を飲み込むこと

すごく難しい事ですが自分で自分を拒否してはいけません

自分が思っていることや感情などを紙に書き出してみるのもいいですよ。

私の場合は退院後、誰とも連絡を取れない期間が半年続きました。

頭では連絡をしないとと分かっているんですが、誰にも連絡が返せませんでした。

この期間は、自分の感情や思考をLINEメモにひたすら打ってました。

2つ目は没頭するものを見つける・嫌なものはなるべく避ける

少しの期間だけでも嫌なものを遠ざけて下さい。

80年生きるとして、自分が一番辛い時期の1年間くらい嫌なものから逃げたって良いじゃないですか。

他の動物を見て下さい。天敵が来たら逃げます。生きる為に、本能で。

特に現代は命には関わらないほどのストレスが長時間続く傾向があります。

例えば、友人から連絡がこなかったり長時間のゲームなど。

人類にとってストレスとは、命に関わるレベルのストレスが短期間であるため、集中力がグンと上がっていました。他の動物との対峙など。

長期間のストレスには、まだ人類の脳が適応できていないらしいですよ。

没頭したもの

こきん
こきん

私はアクティブなことが出来なくなって趣味が大きく変わりました。

皆さん全員に当てはまるとは言えませんが、よければ真似して見て下さい。

・読書:歩けなかったので本を読み始めて以来、楽しく感じるようになりました。

・筋トレ:リハビリがてら筋トレを始めてみると、これも面白くなってしまいました。

・英語:be動詞すら分かっていませんでしたが、趣味の中で一番継続できているのが英語です。

・blog:高校の時パソコンの授業で0点をとった事もある私が、今は皆さんへ向けて発信しています。

楽しいことも、辛いことも含めてあなたの人生は、あなたしか経験できません。だからこそ価値があるんだと思います。

注意

PTSDに悩む人を調査した結果、短期記憶が通常より低下しているといった研究結果も出ています。

また、うつやアルコール依存症・自殺につながってしまうこともあり、薬物療法やカウンセリングといった専門的なケアが必要な場合もあります。

私自身も、自分一人だけの力で乗り越えていません。そんなことできませんでした。

ぱっと治るものでもないですし、人にも物にも頼りまくって下さい。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました